社会への取り組み

SOCIAL RESPONSIBILITY

disaster relief efforts

自然災害救援活動

セガグループの環境保護活動や社会貢献活動の一部をご紹介いたします。

私たちは、企業市民として社会を構成する一員であることを強く自覚し、事業活動等を通じた社会貢献、芸術・スポーツなどの文化の発展支援、地球環境保護への取り組みを、積極的かつ自主的に行います。

災害支援活動や、地域活動などさまざまな活動に取り組んでいます。


熊本地震災害支援活動

熊本地震で被災された方々への支援

2016年4月14日に発生した熊本県熊本地方を震源とする地震において、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。リゾート事業のフェニックスリゾートでは震災直後から益城町をはじめとした各避難所へ出向き、救済物資の提供や炊き出しを実施しています。
また、セガサミーグループ各社有志社員による現地でのボランティア活動に加え、子ども向けイベントへの協力も行いました。


復興支援活動

2011年3月11日の東日本大震災発生直後から、被災地の支援ニーズにより、様々な支援活動を展開してきました。緊急期〜復旧期〜復興期と、そのステージにより必要とされることも変化していく中で、今後も真の復興に向け、社員とともに「笑顔、元気を届ける」活動を継続していきます。

被災地応援イベント

被災地にエンタテインメントを通じて「笑顔、元気を届ける」をテーマに、2011年から応援イベントを実施。

2015年度は「東松島夏まつり」、「南三陸町スポーツフェス」、「東松島市クリスマス会」、「七ヶ浜町生涯学習フェスティバル」、「飯舘村ふれあい集会」などに、『UFOキャッチャー』、『ネイルプリ』、『え〜でる すなば』、『キッズメダルゲーム』、『ダーツ』、『パンダコパンダ』、『フラッシュパッド』、そして『スマートボール』などのリソースを活用し、社員とともに参加しました。

児童関連施設(幼稚園・保育所など)訪問・寄贈

東北の被災地の児童関連施設16ヶ所を、パパンダ(着ぐるみ)が訪問。子どもたちと交流するとともに、『パンダコパンダ』グッズ(キッズソファ、クッション、キーボード、声が出る絵本)を寄贈しました。

グループ社員ボランティア活動

2011年6月から活動を開始し、2015年度は、宮城県七ヶ浜町、東松島市、南三陸町を3回訪れ、ビーチクリーン、漁業支援、仮設住宅支援(集いの場である「お茶っこ会」の開催、清掃など)、花壇造作など、有志社員とともに継続的に活動を行っています。第1回よりのべ465名が参加。

2016年度新入社員研修

グループ新入社員研修の一環として2013年度から実施しています。2016年度も、4月20日〜22日(2泊3日)まで、87名の新入社員が、被災地(宮城県石巻市、女川町、南三陸町、東松島市)を訪れ、視察、講話、ビーチクリーン、被災地の復興へ向けたグループワーク、花壇造作などの支援活動に参加しました。

PAGE TOP